グローバル化と人

ヒトと動物の共通感染症の流行とグローバリゼイション

概要

世界貿易機構の自由貿易拡大路線は家畜・穀物だけでなくペットや野生動物の輸出入にも影響している。我が国には世界各地から食品のみならず種々の動物が輸入されており、ヒトと動物の共通感染症の侵入する危険性が指摘されてきた。BSE、O-157、トリインフルエンザのように侵入を受けた例もあるし、狂犬病、ペスト、サル痘など、いつ侵入されてもおかしくなかった例もある。感染症拡大の背景、人類への警告、制圧の筋道、今後の課題等について述べる。

 

講義実施日:
2007年6月2日
対象:
一般
分野:
医学/薬学

講師紹介

吉川 泰弘

農学生命科学研究科
 


学歴
1971年 東京大学農学部畜産獣医学科 卒業
1973年 東京大学大学院農学系研究科修士課程 修了(獣医学修士)
1976年 東京大学大学院農学系研究科博士課程 修了(農学博士)
1977年 ギーセン大学ウイルス研究所留学(ドイツ)

職歴
1980年 東京大学医科学研究所 助手
1983年 東京大学医科学研究所 講師
1989年 東京大学医科学研究所 助教授
1990年 厚生労働省国立予防衛生研究所筑波霊長類 センター長
1997年 東京大学大学院農学生命科学研究科 教授

研究テーマ
環境ホルモン
BSE
動物由来感染症

最近の主な著書
鳥インフルエンザはウイルスの警告だ 第三文明社 2006年

HP (ホームページ)
http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/IRS/IntroPage_J/intro68155147_j.html

http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/jitsudo/

講義資料