仮想現実と身体

ロボット手術の歩む道

プレイリスト

概要

ロボット手術というと、まるで工場の組み立てラインのような画一的な手術というイメージをもつかもしれませんが、実際に使われているのは外科医の手の動きを再現し手術を支援するロボットであり、手術操作は医師が能動的におこなうものです。臨床経験をふまえて、消化器外科領域におけるロボット支援手術の現状についてお話しします。

01:44 大腸癌の手術

12:33 内視鏡切除の限界

30:25 手術用ロボットとは

41:55 ロボット手術の実際

47:40 今後の課題

 

※実際の手術映像を含みます。あらかじめご了承の上、ご覧ください。

 

過去の公開講座

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2016年11月12日
対象:
一般
分野:
医学/薬学

講師紹介

野澤 宏彰

のざわ ひろあき

東京大学
医学系研究科 特任講師

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料