自然科学における悪

癌の顔つき

プレイリスト

概要

病理学は組織を見ることで病気を発見・解明する学問です。その病理学の見地から、いまも日本人の死因のトップである癌の「顔つき」に迫ります。組織ごとに異なる癌の顔つきをどう特定し、治療につなげるのか? ゲノム診断など、病理診断の最先端もわかりやすく紹介します。

※症例写真を含みます。予めご了承の上ご覧ください。

 

01:35 医学における「悪性」
07:27 悪性腫瘍と良性腫瘍:肉眼レベルの癌の顔つき
25:20 癌の顔つき(タイプ)別治療法
32:19 癌に起きている遺伝子異常
40:54 新しい時代に入った癌医療:自己最適化医療

 

東京大学公開講座「悪」

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2015年6月13日
対象:
一般
分野:
医学/薬学

講師紹介

深山 正久

ふかやま まさし

東京大学
医学系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料