科学技術は制御可能か?

進歩か進化か

プレイリスト

概要

科学技術の進歩を制禦する方策としてまず思い付くものは法規整でしょう。でも、法にそれはどこまで可能なのでしょうか? 法律家が科学技術を誤解しているかもしれませんし、科学技術者が法を誤解しているかもしれません。いずれの場合も制禦はうまく行かないでしょう。そもそも科学・技術・人文・社会科学などの学問ないし知的営為における進歩とは何なのでしょうか? 進化とはどう異なるのでしょうか?それらと、真善美そして人間の幸福とはどのように関連するのでしょうか?参加者の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

00:15 ごあいさつ
03:40 法と科学
09:45 科学における進歩とは?
28:34 技術における進歩とは?
37:49 社会科学における進歩とは?
43:35 人文科学(人文学)における進歩とは?
48:35 科学、技術、社会科学、人文科学は制禦可能か?

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadなどからいつでもご覧いただけます。

(下のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2014年4月26日
対象:
一般
分野:
法律/政治

講師紹介

太田 勝造

おおた しょうぞう

東京大学
法学政治学研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料