世界が変わる 世界を変える

変わる中国人の対日認識

プレイリスト

概要

とかく隣人との付き合いは難しいものです。中国から見ると日本はどのように見えているのか、あるいはどのように見ようとしているのか。中国映画史を扱ってきた立場から、この60年の中国映画に描かれた日本を振り返ってみましょう。そこには、リアルな日本像とカリカチュア(戯画化)された日本像の循環という構造が浮かんできます。それが意味するものを考えてみたいと思います。

 

00:15 ごあいさつ
02:29 中国:社会主義の「前の30年」と市場経済の「後の30年」
06:34 前の30年:リアルな日本軍像
12:20 リアルな日本が果たす役割
20:18 後の30年:カリカチュアされた「敵」日本
25:23 次の20年:敵は日本に非ず/海外コンテンツの刺激
39:00 いま日本に求められているもの

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadなどからいつでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2013年10月6日
対象:
一般
分野:
美術/芸術
歴史/民族・民俗

講師紹介

刈間 文俊

東京大学
総合文化研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料