20年後の超高齢社会

〈衰退する社会〉の中の社会倫理

プレイリスト

概要

本講義ではまず、長期間の展望を見据えた「変わる」というテーマの可能性や困難について触れ、その上で、〈衰退する社会〉という特徴を浮き彫りにします。さらにその〈衰退する社会〉のトピックの一つである超高齢化社会について、アメリカの生命倫理学史研究の成果を念頭に置きながら、死・臨死をめぐる多様な論点を紹介します。また、ボーヴォワールなどの哲学者の「老い」についての見解を参考資料として取り上げ、哲学や思想史の知見から近未来の社会構想について考えます。

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

講義実施日:
2013年9月29日
対象:
一般
分野:
心理学/社会科学
文学/哲学/言語

講師紹介

金森 修

かなもり おさむ

東京大学
情報学環・教育学研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料