20年後の超高齢社会

変わる地域医療システム:20年後の未来予想図

プレイリスト

概要

超高齢化を目前にして我が国の医療政策が問い直されており、幅広い視点からの社会的なイノベーションが急務となっています。情報共有システムを活用しながらのシームレスな医療・介護連携に加え、予防・住まい・生活支援の重要さを改めて再認識し、まさに地域完結型の真の地域包括ケアシステムが求められています。医療関係者だけではなく国民全体として、「住み慣れたまちで安心して老いる」という原点を、改めて考え直すことが必要な時期に来ています。我々の柏モデルでの知見もお示ししながら、皆で今後の未来予想図を考えたいと思います。

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

講義実施日:
2013年9月29日
対象:
一般
分野:
法律/政治
医学/薬学

講師紹介

飯島 勝矢

いいじま かつや

東京大学
高齢社会総合研究機構 准教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料