社会のモンダイを遊びに変えるゲームデザインの考え方

プレイリスト

概要

近年、社会問題の改善のためにゲームの力を活かそうとするシリアスゲームやゲーミフィケーションの取り組みに関心が高まっています。社会問題を題材にして優れたゲームを企画し、デザインしていくには、普段の考え方やモノの見方と異なる切り口で社会問題を捉え直すことが求められます。本公開セッションでは、ゲーム作家の山本貴光氏をお招きして、ゲームデザイナーの問題を捉える枠組みやアイデアの組み立て方など、実例を交えながら解説し、議論して理解を深めます。

本セッションは、東京大学駒場キャンパスで開講中の「メディア創造ワークショップ」の特別公開セッションとして開催します。

講義実施日:
2013年11月12日
対象:
大学生
分野:
教育/学習
心理学/社会科学

講師紹介

山本 貴光

やまもと たかみつ

ゲーム作家、文筆家
 

慶應義塾大学環境情報学部卒業。

1994年よりコーエーにてゲーム制作(企画/プログラム)に従事し、2004年からフリーランスと して活動。著書に『心脳問題』、『問題がモンダイなのだ』、『ゲームの教科書』、『デバッグではじめるCプログラミング』『コンピュータのひみつ』など。 最新刊はサレン+ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(訳書)。ゲームの代表作は 『That'sQT』『戦国無双』『三國志VII』他。

 

講義資料