ニュートリノの小さい質量

プレイリスト

概要

東京大学宇宙線研究所長・教授の梶田隆章先生が、「ニュートリノが質量をもつことを示すニュートリノ振動の発見」により、2015年のノーベル物理学賞を受賞しました。梶田先生の功績を広く社会にお伝えするために、インターメディアテク開催の特別公開『梶田隆章先生ノーベル賞受賞』に併せて、「JPタワーホール&カンファレンス」において梶田先生ご自身による講演会を開催しました。

 

講演ではこれまでの研究生活を振り返りつつ、ニュートリノの極端な「軽さ」がもつ意味、そして今後の研究の夢についてお話しされました。

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。
★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)
講義実施日:
2016年3月30日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

梶田 隆章

かじた たかあき

東京大学
宇宙線研究所 所長/教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料