2015年度

3Dスキャナーと3Dプリンターの原理と応用

プレイリスト

概要

3Dスキャナーは、物体の3D形状をコンピュータに取り込むための装置で、アニメーションの制作から、工業製品の開発、さらには医療分野でも利用されています。また、3Dプリンタは、そのようにして取り込んだ3Dデータから実物を作成する技術です。これらの二つの技術について、デモンストレーションを交えながら概要を説明し、またその原理について解説します。


05:54 光学式3Dスキャナーの原理

08:59 3Dスキャナーのデモンストレーション

32:29 3Dプリンターの概要

38:34 さらに勉強するために

 

東京大学工学部オープンキャンパス模擬講義2015

東京大学「入学・進学をご希望の方へ」

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2015年8月5日
対象:
高校生
分野:
工学/建築

講師紹介

鈴木 宏正

すずき ひろまさ

東京大学
工学系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

長井 超慧

ながい ゆきえ

東京大学
工学系研究科 助教

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料

東大ライフ「オープンキャンパス 模擬講義」の動画