戦国法の世界

プレイリスト

概要

応仁の乱ののち、室町幕府が力を弱めると、全国各地に戦国大名が出現し、自立的な領国支配を展開していきます。出自の多様な彼らの権威・権力を支えていたものとは何でしょうか。戦国大名を研究する視角には様々なものがありますが、この講座では主として戦国法(分国法)という見地から戦国大名という存在を捉え直していきます。戦国大名の権威の源泉と権力の構造、近世権力との連続性の問題などを検討しながら、日本史における16世紀の意義についても考えます。

 

第68回 駒場祭公開講座

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2017年11月24日
対象:
一般
高校生
大学生
分野:
歴史/民族・民俗

講師紹介

桜井 英治

さくらい えいじ

東京大学
総合文化研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料