秩序の形成

仏教が説く秩序の形成と崩壊

プレイリスト

概要

紀元前5世紀頃、仏教が成立した時期は、ちょうどインドのガンジス川流域で国家が成立し、市場が広がっていく歴史の転換期でした。新たな社会秩序が作り上げられた時期に生まれた仏教は、創造神を否定し、存在や社会について新たな思想を展開して、アジア各地へ大きな影響を与えました。インド仏教研究の方法を紹介しながら、古代インドの歴史的文脈を踏まえ、思想史的視点から、仏教経典が説く秩序の形成と崩壊を論じます。

02:54 古代インド仏教の研究方法

10:44 古代インド社会の成立

18:57 仏教の誕生

24:47 仏教が説く個

37:54 仏教の社会秩序の崩壊

 

過去の公開講座

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2017年11月18日
対象:
一般
分野:
文学/哲学/言語
歴史/民族・民俗

講師紹介

馬場 紀寿

ばば のりひさ

東京大学
東洋文化研究所 准教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料