イスラーム地域における知の獲得と利用:ウラマーとマドラサと図書館

プレイリスト

概要

U-PARLは、東京大学に「アジア研究図書館」を新たにつくるために設立された研究部門です。

このシンポジウムでは、アジアの中の知や財の共有のあり方を見直し、そこからアジアをめぐる知や情報の共有の現在と未来を考えます。

 

開催報告はこちら

 

元来共有すべきものだった知は、いつから私有されるようになったのでしょうか?
イスラーム地域に焦点を当てながら、知の獲得と利用の歴史を辿ります。

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2017年1月29日
対象:
一般
大学生
分野:
文学/哲学/言語
歴史/民族・民俗

講師紹介

三浦 徹

みうら とおる

お茶の水女子大学
大学院人間文化創成科学研究科 教授

※所属・役職は取材当時のものです。

講義資料