いかにして天然元素は合成されたか

プレイリスト

概要

2016年11月、日本発の新元素、原子番号113番「ニホニウム」Nh が「周期表」に登場しました。

この講演では、宇宙における元素合成の謎に挑む新進気鋭の物理学者、茂山俊和先生が「いかにして天然元素は合成されたか」を語ります。

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年12月5日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

茂山 俊和

しげやま としかず

東京大学
大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター  准教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料