環境に優しいセルロースナノファイバーの科学

プレイリスト

概要

鋼鉄の5分の1の重さで5倍強いといわれる木材由来の新素材「セルロースナノファイバー」について紹介します。セルロースは、樹木の主成分として地球上で最も多量に蓄積しているバイオマス( = 持続的に再生産される有機資源)です。人類は、材木・衣類・紙等として古くからセルロースを利用しています。しかし、石油等の枯渇資源に依存した暮らしを脱却し、自然と持続的に共生する循環型社会を構築するために、セルロースをより高度に利用することが今まさに求められています。この要請に応えることは、農学の使命の一つともいえます。

 

01:35 「鋼鉄の5分の1の重さで5倍強い」新素材
06:35 セルロースとは?
23:19 パルプ繊維に水を加えてミキサーにかけると……
32:45 光は通して熱は通さない、タフな多孔質
44:15 セルロースナノファイバーを使った製品の紹介

 

★過去の農学部公開セミナー(東京大学農学部のサイトが開きます)

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年6月18日
対象:
一般
分野:
農学

講師紹介

齋藤 継之

さいとう つぐゆき

東京大学
農学生命科学研究科 准教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料