仮想現実と社会

「現実を編集する」インタフェース

プレイリスト

概要

バーチャルリアリティ(VR)とは、人間のさまざまな感覚器官に働きかけることで、あたかも現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術です。

現実は御しがたく動かしがたいものだという思いは、時に人を苦しめます。しかし、実際には、ちょっとしたことが現実を大きく変えてしまうということを、VRは明らかにしてきました。この講義では、これをポジティブに活用して、現実をよりよく「編集」して生きるための技術について考えます。

 

01:40 バーチャルリアリティとは

06:26 感覚を変える

14:40 Meta Cookie

19:05 錯覚について

29:40 感情を変える

38:30 自分を変える

 

過去の公開講座

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2016年11月19日
対象:
一般
分野:
工学/建築
心理学/社会科学

講師紹介

鳴海 拓志

なるみ たくじ

東京大学
情報理工学系研究科 講師

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料