放射性セシウムの添加による土壌への固定状態の経時変化

プレイリスト

概要

東日本大震災の発生以来、数ヶ月ごとに開催してきた本学農学生命科学研究科での被災地支援研究も、今回で12回目を数えました。

この講演では、土壌に固定された放射性セシウムの経時変化と、作物への影響を中心に研究成果を報告します。

 

農学生命科学研究科の復興支援プロジェクト HP

http://www.a.u-tokyo.ac.jp/rpjt/index.html

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年3月26日
対象:
大学生
一般
分野:
農学
理学/自然科学

講師紹介

塩沢 昌

しおざわ しょう

東京大学
農学生命科学研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料