有機物が多い土壌におけるセシウムの再分布

プレイリスト

概要

地表面に沈着した放射性セシウムは、粘土鉱物に収着して固定されていることが多く、侵食等の土壌の移動がなければ地表近くに存在し続けると考えられています。2013年から2015年にかけて、福島県飯舘村の放棄林地で放射性セシウム分布の調査を行い、分布の変化を検討した結果を報告します。

農学生命科学研究科の復興支援プロジェクト HP

http://www.a.u-tokyo.ac.jp/rpjt/index.html

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年3月26日
対象:
一般
分野:
農学

講師紹介

西村 拓

にしむら たく

東京大学
農学生命科学研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料