トランジション課題を解決するためのアクティブラーニング改革

プレイリスト

概要

2016年3月26日(土)に東京大学本郷キャンパス福武ホールにて開催された、東京大学大学総合教育研究センター・日本教育研究イノベーションセンター(JCERI)主催のイベント「授業改善リーダーのためのアクティブ・ラーナーズ サミット 2016」。全国の指導主事の先生方をはじめ、教育委員会の方々にお集まりいただき、全国調査の分析結果の解説や、ワークショップ、基調講演などを行いました。

その中から、溝上慎一教授(京都大学)の基調講演の模様をお届けします。アクティブ・ラーニング(AL)を研究・推進する第一人者が、ALとは何か、なぜALが重視されているのかを解説し、主に中等教育でのALの現状と課題について語ります。

アクティブ・ラーナーズ サミット2016のその他の部分の映像は、こちらでご覧いただけます。

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

講義実施日:
2016年3月26日
対象:
一般
分野:
教育/学習
心理学/社会科学

講師紹介

溝上 慎一

みぞかみ しんいち

京都大学
高等教育研究開発推進センター / 教育学研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料