自然科学における悪

くすりの善と悪

プレイリスト

概要

うまく効いて治療効果が得られるのがくすりの善、治療効果がなかったり副作用が生じてしまうのはくすりの悪、と言えます。治療効果と副作用はくすりの投与量に左右されますが、ある量でどれくらいの効果が出るのかは人によりけりです。つまり、同じくすりでも人によって、また体の状態によって、適切な投与量が変わってきます。古くから「匙加減」という言葉があるとおりです。

 

この講義では、テーラーメイドの薬物医療という観点から、くすりの善と悪を考えます。投薬ミスを防ぐ薬品の命名方法についてもお話しします。

 

00:53 くすりの作用と投与量の関係
07:39 作用の個人差
27:25 電子カルテ上の処方設計
33:03 似た名前のくすりによる投薬ミス
43:19 服薬不遵守の問題

 

東京大学公開講座「悪」

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

講義実施日:
2015年6月13日
対象:
一般
分野:
医学/薬学

講師紹介

澤田 康文

さわだ やすふみ

東京大学
薬学系研究科 特任教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料