根岸英一博士 名誉博士称号授与式・記念講演会

プレイリスト

概要

2014年3月13日、東京大学において、ノーベル化学賞受賞(2010年)などの功績を称えて根岸英一博士の名誉博士称号授与式と記念講演会が開催されました。

「21世紀の繁栄を支える遷移金属触媒」と銘打たれた講演会では、遷移金属触媒の特長を電子論的に解説し、アルミニウムを用いるカルボメタル化、パラジウム触媒を用いるクロスカップリング、ジルコニウムの特性を活かした炭素ー炭素結合反応形成とその不斉反応など、根岸博士が開発した種々の反応を例に、有機合成における遷移金属触媒の重要性が披露されました。

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。
★このコンテンツはiTunesに保存でき、オフラインでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)
講義実施日:
2014年3月13日
対象:
一般
大学生
分野:
工学/建築
理学/自然科学

講師紹介

根岸 英一

パデュー大学特別教授
 

※所属・役職は登壇当時のものです。


研究テーマ
・有機亜鉛・有機アルミニウム・有機ジルコニウム化合物を用いるクロスカップリング反応の開発
・低原子価有機ジルコニウム試薬を用いる合成法の開発
・ジルコニウム触媒を用いるカルボアルミニウム化(ZACA)反応の開発とその不斉化

経歴
1935年生
1958年 東京大学工学部応用化学科 卒業
帝人入社
1963年 ペンシルベニア大学にてPh.D.(理学博士)取得。博士課程での指導教授はアラン・R・デイ。
1966年 パデュー大学博士研究員。指導教授はハーバート・C・ブラウン博士(1979年ノーベル化学賞受賞)
1968年 パデュー大学 助手
1972年 シラキュース大学 助手
1976年 シラキュース大学 准教授
1979年 パデュー大学 教授
1999年 パデュー大学 ハーバート・C・ブラウン化学研究室 特別教授

受賞歴
1960-1961年 Fulbright-Smith-Mund Fellowship
1962-1963年 Harrison Fellowship at University of Pennsylvania
1996年 A. R. Day Award
1997年 日本化学会賞
1998年 Herbert N. McCoy Award
1998年 ACS Award for Organometallic Chemistry
1998-2000年 Alexander von Humboldt Senior Researcher Award
2000年 Sir Edward Frankland Prize Lectureship
2003年 Sigma Xi Award
2007年 山田・古賀プライズ
2007年 Gold Medal of Charles University
2010年 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
2010年 ノーベル化学賞
2010年 文化勲章・文化功労者

講義資料