EXPECTOLOGY

プレイリスト

概要

デザインを生み出す過程で記憶や気づきは重要な役目を果たしていると考えられる。想定外の満足を導きだし、不安や不確実な対象を安心や満足に変えるような「意外なデザイン」をいかにして手にするのか?五感と発想の関係に触れながら新たなデザインのテクノロジーを導きだす期待学の視点を紹介する。

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

 

講義実施日:
2013年5月18日
対象:
一般
分野:
心理学/社会科学
美術/芸術

講師紹介

中川 聰

なかがわ さとし

トライポッド・デザイン株式会社CEO
元東京大学大学院 工学系研究科 特任教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料