The Making of What on Earth Happened? [EN]

Lecture Description

Christopher Lloyd, a world-famous science journalist and the author of What on Earth Happened: The Complete Story of the Planet (2008), gave a lecture on Komaba Campus, the University of Tokyo. His best-seller book is an attempt to integrate natural sciences and humanities in order to tell a giant narrative of the universe, from its very beginning to the present. In the lecture, he talked about the background of his book and how to tell a big history of the world.


This special lecture is hosted by Department of Integrated Sciences, College of Arts and Sciences, the University of Tokyo.

Speaker

Christopher Lloyd


 

1968年、英国生まれ。ケンブリッジ大学で歴史を学んだ後、サンデータイムス紙の科学記者として活躍した。地球の歴史を文系と理系の両方の目から見る『137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史』(日本語版:文藝春秋刊)を自分の子どもたちのために書き下ろし、世界的なベストセラーとなる。

日本でも同書は14万部のベストセラーとなり、テレビ東京系全国ネットで本人も出演するレギュラー番組『137億年の物語』が放送されている。科学や歴史を、いかに一般の人たちにわかりやすく伝えるかという観点から、『ビジュアル大年表 137億年の物語』(7月12日発売・文藝春秋)を製作するなどコミュニケーターとしての力も大きく評価されている。

Supplement