世界が変わる 世界を変える

ゆっくり地震が変える地震の理解

プレイリスト

概要

最新の観測によって、巨大地震の破壊すべりが起きるプレート境界のすぐそばで、断続的にゆっくりと岩盤がすべっていることがわかってきました。この「ゆっくり地震」は西日本をはじめ世界の様々な地域で発見され、あまりに普遍的なことから、これまでの地震の理解を大きく変えるものとして注目されています。その発見から、これまでに解明された奇妙な性質、将来の地震活動予測に役立つ可能性などを紹介します。

 

02:37 地震発生のパラダイム
09:16 阪神大震災以後:低周波地震の発見
20:26 微動とスロースリップの観測
27:14 ゆっくり地震と普通の地震の違い
35:21 東日本大震災の謎
39:00 ゆっくり地震が地震発生の理解を変える?

 

★あなたのシェアが、ほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。
お気に入りの講義・講演があればSNSなどでシェアをお願いします。

 

★このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadなどからいつでもご覧いただけます。
(下の「講義資料」のリンクからiTunesのページを開いて下さい)

 

講義実施日:
2013年10月6日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

井出 哲

いで さとし

東京大学
理学系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料