講演「翻訳と創作と」

概要

第11回ホームカミングデイの文学部企画。第1部は芥川賞・谷崎潤一郎賞等多数の文学賞を受賞した、日本を代表する作家である古井由吉氏(本学文学部ドイツ文学科卒)を招いて、「翻訳と創作と」と題した講演が行われた。第2部では安藤宏教授、中地義和教授、大宮勘一郎教授が加わり、「文学部というところ」というテーマでシンポジウムが開かれた。

 

講義実施日:
2012年10月20日
対象:
一般
分野:
文学/哲学/言語

講師紹介

古井 由吉

人文科学研究科独語独文学修士課程修了
 

経歴 1937年東京生まれ
東京大学大学院人文科学研究科
独語独文学修士課程修了


受賞歴 1971年 『杳子』で芥川龍之介賞 受賞

1980年 『栖』で日本文学大賞 受賞

1983年 『槿』で谷崎潤一郎賞 受賞

1987年 『中山坂』で川端康成文学賞 受賞

1990年 『仮往生伝試文』で読売文学賞 受賞

1997年 『白髪の唄』で毎日芸術賞 受賞

講義資料