Opening Remarks

Play list

Lecture Description

The 2011 earthquake and tsunami which struck the Tohoku region caused enormous damage. The severity of the impact of the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant accident which occurred in its wake had been unprecedented in our experience. The SPH of the University of Tokyo is considering how best to respond to various issues stemming from this crisis from a medium-to long-term perspective.

Date:
2011-7-5
Target:
Visitors
Field:
Health & Medicine

Speaker

Akira Akabayashi

Graduate School of Medicine
 

経歴 1983年 東京大学医学部医学科卒業

1990年 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)

1999年 東京大学大学院医学系研究科講師

2000年 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療倫理学分野教授

2003年 東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻医療倫理学分野教授
専門分野、
研究テーマ
生命・医療倫理学全般。特に、臨床倫理学、研究倫理。
こ れまでの研究テーマは、脳死・臓器移植、生体臓器移植の倫理、倫理委員会の機能と責任性、アドバンス・ディレクティブ(事前指示)の社会的受容可能性、医 療従事者・患者関係(病名・予後の告知)、インフォームド・コンセント、終末期医療(安楽死)における倫理、ホスピス・緩和ケア、医療倫理教育、医療・科 学技術政策、研究倫理など。量的・質的研究に加え理論的研究など、 主に人文・社会科学的方法論を用いている。
HP http://www.ethps.m.u-tokyo.ac.jp/

Supplement