おわりに

プレイリスト

概要

東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻(SPH)は4月20日、「東日本大震災の健康被害--公衆衛生に何ができるか」をテーマに、フォーラムを開催いたしました。地震と津波による大きな被害、その後の福島第一原子力発電所の事故の影響は、これまでに私たちが経験したことのない深刻な事態となっています。本学SPHとして、さまざまな課題にどう対処していくべきか、中長期的な視点でとらえようというものです。 学生ら約120人が参加した本フォーラムの模様を日英2ヶ国語で動画で公開することといたしました。広く公開することで、議論を深めようというのが本フォーラムのねらいです。 本学SPHでは、東日本大震災によってもたらされた多くの健康被害に対し、今後も幅広い支援と提言を行っていきます。さまざまな視点からのご指摘・ご意見をお寄せいただき、議論を深めていきたいと考えています。なお、本フォーラムに関するご指摘・ご意見は、 sph-prc[at]m.u-tokyo.ac.jp までお願いいたします。

 

講義実施日:
2011年4月20日
対象:
一般
分野:
医学/薬学

講師紹介

赤林 朗

医学系研究科
 

経歴
1983年 東京大学医学部医学科卒業

1990年 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)

1999年 東京大学大学院医学系研究科講師

2000年 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療倫理学分野教授

2003年 東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻医療倫理学分野教授


専門分野、
研究テーマ
生命・医療倫理学全般。特に、臨床倫理学、研究倫理。
こ れまでの研究テーマは、脳死・臓器移植、生体臓器移植の倫理、倫理委員会の機能と責任性、アドバンス・ディレクティブ(事前指示)の社会的受容可能性、医 療従事者・患者関係(病名・予後の告知)、インフォームド・コンセント、終末期医療(安楽死)における倫理、ホスピス・緩和ケア、医療倫理教育、医療・科 学技術政策、研究倫理など。量的・質的研究に加え理論的研究など、 主に人文・社会科学的方法論を用いている。
HP http://www.ethps.m.u-tokyo.ac.jp/

神馬 征峰

医学系研究科
 

学歴
1985年 浜松医科大学卒業

1989年 国立公衆衛生院 公衆衛生学修士

1995年 浜松医科大学 医学博士


職歴 1985~1987年 飛騨高山赤十字病院

1987~1994年 国立公衆衛生院 研究員

1991~1992年 ハーバード大学公衆衛生大学院 客員研究員

1994~1996年 WHO緊急人道援助部 WHOヘルスコーディネーター

1996~2001年 国際協力事業団ネパール事務所 公衆衛生専門家

2001~2002年 ハーバード公衆衛生大学院 武見フェロー

2002~2006年 東京大学大学院医学系研究科 講師

2002~2006年 東京大学大学院医学系研究科 教授


専門分野、
研究テーマ
ヘルスプロモーション、人権、人間の安全保障
HP http://www.ich.m.u-tokyo.ac.jp/index.html

講義資料