混沌と構造化

混沌の宇宙を読み解く

プレイリスト

概要

現在の宇宙には、惑星、恒星、ブラックホール、銀河、また銀河団など、大きさも形態も性質も、極めて多種多様な、無数の天体が、無秩序に満ち溢れているように見えます。しかし、宇宙が、こうした「混沌」とした姿をしていることは、実は、非常に不思議なことです。ビッグバンの直後、宇宙は、極めて高い均一性を示していました。そこから、混沌として、そして、豊かな多様性を育む今の宇宙へ、いかに進化していったのか。最新の宇宙観測に基づき、その混沌を読み解こうとする試み、特に、銀河が織りなす階層構造とその形成進化について、御紹介したいと思います。

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。



講義実施日:
2012年4月14日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

河野 孝太郎

こうの こうたろう

東京大学
理学系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

講義資料