文化とネットワーク

知のつながりとイノベーション ~遊び心という文化~

プレイリスト

概要

イノベーションは単なる思いつきではなく、市場における新しい価値- すなわち生産者と消費者の新たな活動の方向性-を創成する動きでなければなりません。イノベーションゲーム(R)は、実社会の淘汰を生き抜いた知識が新たな結合を起こし、人々に新たな活動を展開させるシナリオを生み出すための工学的なネットワークアプローチです。本講義では、このゲームから生み出された思考のコンテンツをもとに、遊び心のある会話の大切さを論じます。

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

講義実施日:
2012年10月6日
対象:
一般
分野:
経済/経営
心理学/社会科学
工学/建築

講師紹介

大澤 幸生

おおさわ ゆきお

東京大学
工学系研究科 教授

※所属・役職は登壇当時のものです。

研究テーマ

価値のセンサは作れるか?

 

研究のキーワード

イノベーションゲーム、チャンス発見、データ可視化、議論(argumentation)、価値のセンシング、データジャケット

 

研究室HP

http://www.panda.sys.t.u-tokyo.ac.jp/

講義資料