防ぐための情報科学・基礎科学

キラキラ星を防ぐ―補償光学で宇宙を見る―

概要

夜空を見上げると瞬く星々…しかし、瞬きの正体は実は地球大気の揺らぎが引き起こす陽炎で、星や銀河の像をぼかしてしまう天文学の大敵です。近年、この揺らぎを補正してシャープな像を結ぶようにする『補償光学』という仕掛けが、大型望遠鏡に装備されるようになってきました。本講義では、その原理と現状、さらには将来と限界を、観測から明らかになってきた最新の宇宙像とともに解説したいと思います。

 

このコンテンツは、iTunesに保存してiPhoneやiPadからいつでもご覧いただけます。

(上記をクリックすると新しいウィンドウが開き、Apple社のページを表示します。)

 

★東大TVのコンテンツがほかの誰かの学びに繋がるかもしれません。

あなたのお気に入りの講義・講演があれば、動画の上にあるSNSボタンからシェアをお願いします。

講義実施日:
2010年4月24日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

本原 顕太郎

もとはら けんたろう

東京大学
理学系研究科 助教

※所属・役職は登壇当時のものです。


学歴
1995年 東京大学理学部天文学科卒業
2000年 京都大学博士(理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻)

職歴
1997年 日本学術振興会特別研究員
2000年 国立天文台ハワイ観測所
2001年 東京大学天文学教育研究センター助手
2007年 東京大学天文学教育研究センター助教
2010年 東京大学天文学教育研究センター准教授

研究テーマ

赤外線観測による銀河進化の研究


最近の主な著書
『豪雨・洪水対策の減災に向けて』(共著) 技報堂出版 2008年
『災害危機管理論入門』(共著) 弘文堂 2008年
『火山工学入門』(共著) 土木学会 2009年

HP (ホームページ)
http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/~kmotohara/

講義資料