“Bones, ” the supporting structure for countless creatures

Tensegrity— The “skeleton” that ties together cells and architecture

Lecture Description

Although for many years the principle of “tensegrity” (tensional integrity or floating compression) could not be applied to architectural frameworks, in recent years a theory appeared which calls for the creation of skeletal forms like those in the cell membranes of living organisms. In this lecture we will consider from the perspective of architectural structures the principles related to skeletons or frameworks which transcend the scale of connecting cells and architecture.

Date:
2010-11-6
Target:
Visitors
Field:
Engineering / Architecture

Speaker

Kenichi Kawaguchi

Institute of Industrial Science
 


学歴
1985年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1991年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)
1993年 英国・インペリアルカレッジ,ロンドン 客員博士
英国・ケンブリッジ大学 客員博士

職歴
1991年 東京大学生産技術研究所 助手
1991年 東京大学生産技術研究所 講師
1995年 東京大学生産技術研究所 助教授
2006年 東京大学生産技術研究所 教授

研究テーマ
構造計画、空間構造工学、人間-構造系、免制震構造、宇宙構造

最近の主な著書
形態解析 培風館 1991年
一般逆行列と構造工学への応用 コロナ社 2008年



最近の主な作品
東京大学工学部2号館構造計画 2006年
テンセグリティドーム・ホワイトライノ構造設計 2001年

HP (ホームページ)
http://space.iis.u-tokyo.ac.jp/

Supplement