宇宙と地球の特異点

宇宙の特異点、ビッグバンとブラックホール

概要

宇宙は137億年前ビッグバンで始まり膨張して冷え続けて来たが、今わかっている物理法則ではビッグバンそのものはエネルギーが無限大の「特異点」となり、取り扱うことができない。また、ブラックホールの中心は特異点だが、うまいことにかならず観測できないようになっている。しかしホーキングによるといずれブラックホールは爆発する。そのときに特異点が現れるのだろうか。宇宙の進化から特異点の解消の研究の最先端を解説する。

講義実施日:
2009年4月25日
対象:
一般
分野:
理学/自然科学

講師紹介

村山 斉

数物連携宇宙研究機構
 


学歴
1986年 東京大学理学部物理学科卒業
1991年 東京大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了

職歴
1991年 東北大学助手
1993年 ローレンス・バークレー国立研究所研究員
1995年 カリフォルニア大学バークレイ校助教授
1996年 カリフォルニア大学バークレイ校准教授
2000年 カリフォルニア大学バークレイ校教授
2004年 カリフォルニア大学バークレイ校MacAdams 冠教授
2007年 東京大学数物連携宇宙研究機構機構長

研究テーマ
暗黒物質
宇宙の物質と反物質の非対称性の起源
暗黒エネルギー
加速器での反応の現象論

最近の主な著書
Hitoshi Murayama. Physics beyond the standard model and dark matter. Chapter 8 in Particle Physics and Cosmology: the Fabric of Spacetime, LXXXVI: Lecture Notes of the Les Houches Summer School 2006, F. Bernardeau, C. Grojean, and J. Dalibard(Eds.) Elsevier Science 2007年

HP (ホームページ)
http://hitoshi.berkely.edu

講義資料