How can balance be achieved among diverse standards of value?

Efficiency and fairness— Balance in reform of the tax system

Lecture Description

Efficiency and fairness are basic concepts used as standards to evaluate economic policies. However, for Japan, where globalization and aging are proceeding apace, the actual results are not always in line with these standards. Taking the example of the recent reform of the tax system, we will consider the kind of balance that would be needed as well as what would be feasible.

Date:
2008-4-26
Target:
Visitors
Field:
Economics / Business / Finance

Speaker

Toshihiro Ihori

Graduate School of Economics
 


学歴
1974年 東京大学経済学部経済学科卒業
1975年 東京大学大学院経済学研究科修士課程修了
1980年 ジョンズ・ホプキンス大学大学院経済学研究科博士課程修了
1981年 東京大学大学院経済学研究科博士課程退学
1981年 Ph.D(ジョンズ・ホプキンス大学)

職歴
1993年 東京大学経済学部助教授
1995年 東京大学経済学部教授
1996年 東京大学院経済学研究科教授

研究テーマ
政府規模と公共財の最適供給問題

T. Ihori and R. Batina "Public Goods: Theories and Evidence" Springer 2005年
「小さな政府の落とし穴」 日本経済新聞社 2007年

HP (ホームページ)
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/faculty/ihori/ihori.j/ihori01.j.html

Supplement