Globalization and security

Globalization and air pollution

Lecture Description

As energy consumption has burgeoned in China, India, etc., air pollution contaminants from fossil fuels have been increasing. However, many things remain unknown regarding the source of their production and impact, their special regional characteristics and inter-regional relationships. Therefore, expectations are high that Japan, which boasts of superior technologies in the area of the environment, will be able to contribute to effective solutions.

Date:
2007-5-12
Target:
Visitors
Field:
Science
Agricultural

Speaker

Yutaka Kondo

Research Center for Advanced Science and Technology
 


学歴
1972年 東京大学理学部地球物理学科 卒業
1974年 東京大学大学院理学系研究科修士課程 修了
1977年 東京大学 理学博士

職歴
1976年 名古屋大学 助手
1989年 名古屋大学太陽地球環境研究所 助教授
1992年 名古屋大学太陽地球環境研究所・大気圏環境部門 教授
1995年 名古屋大学太陽地球環境研究所・附属母子里観測所長(併任)
1999年 名古屋大学太陽地球環境研究所・大気圏環境部門主任(併任)
2000年 東京大学先端科学技術研究センター 教授

研究テーマ
大気化学
地球大気環境科学

最近の主な著書
Encyclopedia of Atmospheric Sciences(共著) Academic Press 2002年
地球環境調査計測辞典 (共著) フジ・テクノシステム 2002年
公共哲学・9 地球環境と公共性 (共著) 東京大学出版会 2002年
対流圏大気の化学と地球環境(共著) 学会出版センター 2002年

HP (ホームページ)
http://www.atmos.rcast.u-tokyo.ac.jp/

Kazuhiko Kobayashi

Graduate School of Agricultural and Life Sciences
 

 


学歴
1976年 東京大学農学部農業生物学科 卒業
1994年 東京大学 農学博士


職歴
1976年 農林水産省野菜試験場
1982年 農林水産省農業技術研究所
1983年 農林水産省農業環境技術研究所
1987年 アメリカ ノースカロライナ・ステート大学
1996年 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究 研究代表者
2003年 東京大学大学院農学生命科学研究科 教授

研究テーマ
大気環境の変化がアジアの農業生態系に及ぼす影響の解明
生物地球化学と植物生理学を統合した農業生態系プロセスモデルの開発
アジアにおける農作物生産の持続性・安定性の解明

最近の主な著書
Maneged ecosystem and CO2 Springer 2006年

HP (ホームページ)
http://www.ga.a.u-tokyo.ac.jp/lab/shigen_lab/index.htm

Supplement