ロボット未来学

ロボット新世紀

概要

サイバーワールド技術である情報通信技術ITでは、通信とコンピュータが実世界の情報処理をできるパワーになって、将来はさらに高速高性能になる見込みである。また、リアルワールド技術であるロボット技術RTでは、形と動きにより実世界に働きかける機能と、信頼性が実際に利用できるまで向上してきた。そこで、ITとRTとを融合して、社会の変革をもたらすIRTイノベーション創出にわれわれは取り組んでいる。これは、家庭で使われるロボットの未来の姿のひとつである。

講義実施日:
2006年10月28日
対象:
一般
分野:
工学/建築

講師紹介

下山 勲

情報理工学系研究科
 


学歴
1977年 東京大学工学部機械工学科卒業
1982年 東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程修了(工学博士)

職歴
1982年 東京大学工学部講師
1983年 同大学助教授
1998年 同大学教授

専門
知能機械学・機械システム
神経科学・神経科学一般

講義資料

2006〜2009年度「東京大学公開講座「ロボット新世紀」」の動画