ロボット未来学

未知の海中に潜る自律型ロボット

概要

人間の潜ることができない深い海の中は、ロボットが活躍する世界。生命が海から誕生したように、真のロボットは海から現れるに違いない。そして、海の生物が多様であるように、海で活躍するロボットも多様なものとなろう。自由な発想から生まれる新しいロボット作りを目指し、海の中にロボット王国を作ろう。

講義実施日:
2006年10月28日
対象:
一般
分野:
工学/建築

講師紹介

浦 環

生産技術研究所
 


学歴
1972年 東京大学工学部船舶工学科卒業
1974年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1977年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
工学博士

職歴
1977年 東京大学生産技術研究所講師
1978年 東京大学生産技術研究所助教授
1992年 東京大学生産技術研究所教授
1999年 東京大学生産技術研究所海中工学研究センター長

研究テーマ
自立型海中ロボットの研究、開発及び展開
音響とTV画像によるロボット行動決定
ロボットによる鯨類の追跡と行動理解
ニューラルネットを用いた情報処理と運動制御

最近の主な著書
海中ロボット 成山堂書店 1997年
大型タンカーの海難救助論 成山堂書店 1999年

HP (ホームページ)
http://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/

講義資料

2006〜2009年度「東京大学公開講座「ロボット新世紀」」の動画