– 検索結果 –  194 アイテムが検索語に該当します

いかにして天然元素は合成されたか

宇宙における元素合成の謎に挑む新進気鋭の物理学者、茂山俊和先生が「いかにして天然元素は合成されたか」を語ります。

2016年12月5日

いかにして人工元素は合成されたか

ニホニウム合成実験を主導した化学者、羽場宏光氏が「いかにして人工元素は合成されたか」を語ります。

2016年12月5日

持続的な都市水利用に向けて

都市のユビキタス型水資源となりうる雨水、地下水、再生水の水量と水質の安定性や水質リスクを正しく評価して、需要と供給の調和がとれた水資源の適正配置や持続的な都市水利用システムを構築するための研究成果を紹介します。

2013年10月5日

変わる気候を予測する

地球の気候は様々な時間規模で大きく変わってきました。私たちは気候の変動と変化をどれだけ予測できるのでしょうか。気候変動予測の現状と問題点を概観します。

2013年10月5日

ゆっくり地震が変える地震の理解

これまでに解明された奇妙な性質、将来の地震活動予測に役立つ可能性などを紹介します。

2013年10月6日

気候変化とエアロゾル

大気中の微粒子(エアロゾル)は太陽光を反射し大気を冷やします。エアロゾルの気候影響の推定には大きな不確定性があり、気候変化の予測に障害となっています。この問題を解説し、私達の研究がこの解決に有効であることを説明します。

2013年10月6日

統計ことはじめ

統計学の考え方がどんなものかを、その誕生の歴史に遡って解説します。講座全体の入り口もかね て、数式をほとんど使わずに、統計学の誕生の一コマを当時の社会の背景とあわせて紹介していきます。

2013年4月27日

新薬の開発と承認審査における判断 -科学か儀式かー

医薬品の製造販売の承認可否の審査では、「薬が有効で、益が害を上回ると認められれば承認が与えられる」とされます。ところで、薬の有効性とは何でしょうか?「益が害を上回る」とはどういう状況でしょうか?本講義では、現実の医薬品規制の狭間にある重大な「そもそも論」を実例を使って考えます。

2013年4月27日

新粒子発見?素粒子実験と統計

素粒子物理学は、この宇宙が何で出来ていて、どんな法則に従っていて、更にはどのように生まれて進化 してきたのかを解明しようというものです。目に見えない素粒子をどのようにして調べ、統計的な方法によってどのように背後にある物理に迫るのかを解説します。

2013年5月25日

マーケティングと統計

近年の情報技術の発達によって大量の顧客データを容易に収集、保存できるようになり、顧客を理解する機会は格段に増えています。もはやマーケティングは、『売るテクニック』ではなく情報産業なのです。今回の講義では、マーケティングにおける統計の応用性を事例を交えながら紹介します。

2013年5月25日