– 検索結果 –  126 アイテムが検索語に該当します

超高齢社会に向けて変わらないといけないこと

今から20年後には高齢化率が33%を超え、本格的な超高齢社会を迎えることになります。その社会において、何が変わるのか、何を変えていかないといけないのか。本講では、千葉県柏市での取り組みを中心にお話しするともに、移動と交通の分野での高齢化対応について紹介します。

2013年9月29日

〈衰退する社会〉の中の社会倫理

本講義では〈衰退する社会〉のトピックの一つである超高齢化社会について、アメリカの生命倫理学史研究を念頭に置きながら、死・臨死をめぐる多様な論点を紹介します。また哲学や思想史の知見から、近未来の社会構想について考えます。

2013年9月29日

情報とネットワークが変える社会

インターネットで多くの人が繋がって生み出される集合知を取り上げ、これからのイノベーションを展望します。

2013年10月5日

統計ことはじめ

統計学の考え方がどんなものかを、その誕生の歴史に遡って解説します。講座全体の入り口もかね て、数式をほとんど使わずに、統計学の誕生の一コマを当時の社会の背景とあわせて紹介していきます。

2013年4月27日

国勢調査の「美談」分析:国民イベントとしての人口統計

1920年に行われた日本の最初の国勢調査は、20世紀初頭の世界センサス運動のもとで1905年に実施する予定(日露戦争で延期)であったものの再挑戦でした。この講義では記念に編纂された『国勢調査記念録』の「美談逸話」を素材に、この調査がもった意外な特質を歴史社会学の立場から分析します。

2013年4月27日

新薬の開発と承認審査における判断 -科学か儀式かー

医薬品の製造販売の承認可否の審査では、「薬が有効で、益が害を上回ると認められれば承認が与えられる」とされます。ところで、薬の有効性とは何でしょうか?「益が害を上回る」とはどういう状況でしょうか?本講義では、現実の医薬品規制の狭間にある重大な「そもそも論」を実例を使って考えます。

2013年4月27日

マーケティングと統計

近年の情報技術の発達によって大量の顧客データを容易に収集、保存できるようになり、顧客を理解する機会は格段に増えています。もはやマーケティングは、『売るテクニック』ではなく情報産業なのです。今回の講義では、マーケティングにおける統計の応用性を事例を交えながら紹介します。

2013年5月25日

会社の『寿命』を測る

人間や機械とは異なり、会社には理屈の上では寿命はありません。しかし、実際には会社もどこかの時点で衰え、消えていきます。それでは、会社の寿命はいったいどれぐらいなのでしょうか? 本講義では、戦後日本の大企業を取り上げて、このような問いについて考えていきます。

2013年6月1日

少子高齢化とお互いさま

五月祭 少子高齢化 人口変動

2013年5月18日

EXPECTOLOGY

五月祭 デザイン 五感 発想 期待学

2013年5月18日