– 検索結果 –  75 アイテムが検索語に該当します

教養学部説明会

東京大学の学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程に加え、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2014年8月6日

フィクションとシミュレーション

私たちが「現実世界」として受け入れているものが、「可能世界」「虚構世界」「仮想世界」といったさまざまな「世界」に照らすとどのように見えてくるか、芸術・宗教・科学を貫く世界観のもとで考え直します。

2016年10月29日

古代ギリシアにおける三つの無駄?

多数の裁判人が手当てをもらう裁判、上流階級がお金と時間をかけておこなう宴会、家畜を神々に捧げる犠牲。三つの「無駄」の意味を考えます。

2016年5月28日

中世の学生生活を体験しよう:図版資料から読み解く「大学」

中世哲学を専門とする大学院生が、中世の大学の授業形式や書物にもとづく学問・教育のあり方について、グループディスカッションを交えながら解説します。

2016年7月27日

教養学部説明会

東京大学のすべての学部1年生と2年生が過ごす教養学部前期課程と、3年生からの教養学部後期課程での学びについてご紹介します。

2016年8月3日

文学部説明会

東京大学で文学、哲学、歴史学、言語学、社会学などを学びたい高校生に向けた学部説明会の模様です。

2016年8月4日

東大出版会×新図書館ブックトーク

研究者と編集者が学術書を出版することについて語ります。学術情報の発信の実際とは?

2016年9月29日

問いを生み出す哲学塾

いい質問、してますか? 東大TVのコンテンツを使いながら、参加者がみずから問いを立て、「哲学者になる」体験をするワークショップです。

2016年11月18日

開会の辞

このシンポジウムでは、アジアの中の知や財の共有のあり方を見直し、そこからアジアをめぐる知や情報の共有の現在と未来を考えます。

2015年1月31日

趣旨説明

アジアの<共有>・知の<共有>というタイトルで行われた本シンポジウムの趣旨を説明します。

2017年1月29日