– 検索結果 –  626 アイテムが検索語に該当します

持続的な都市水利用に向けて

都市のユビキタス型水資源となりうる雨水、地下水、再生水の水量と水質の安定性や水質リスクを正しく評価して、需要と供給の調和がとれた水資源の適正配置や持続的な都市水利用システムを構築するための研究成果を紹介します。

2013年10月5日

変わる気候を予測する

地球の気候は様々な時間規模で大きく変わってきました。私たちは気候の変動と変化をどれだけ予測できるのでしょうか。気候変動予測の現状と問題点を概観します。

2013年10月5日

インターネットとスマートシティー

東京大学におけるスマートビル・スマートキャンパスの取組みを取り上げながら、Internet by Designに基づく、スマートシティーの実現に向けた展望を議論します。

2013年10月5日

情報とネットワークが変える社会

インターネットで多くの人が繋がって生み出される集合知を取り上げ、これからのイノベーションを展望します。

2013年10月5日

変わる中国人の対日認識

この60年の中国映画に描かれた日本を振り返り、表現の裏にある対日認識の変遷を浮き彫りにします。

2013年10月6日

ゆっくり地震が変える地震の理解

これまでに解明された奇妙な性質、将来の地震活動予測に役立つ可能性などを紹介します。

2013年10月6日

気候変化とエアロゾル

大気中の微粒子(エアロゾル)は太陽光を反射し大気を冷やします。エアロゾルの気候影響の推定には大きな不確定性があり、気候変化の予測に障害となっています。この問題を解説し、私達の研究がこの解決に有効であることを説明します。

2013年10月6日

海のルールと海の研究はどう変わるか

漁業権は、地域の漁業者に地域資源の排他的な利用権を認めたものです。江戸時代ごろの漁村共同体の権利がその源で、1994年発効の国連海洋法条約では、沿岸国に200海里排他的経済水域での資源利用権を認めています。新しい海のルールが海の研究をどのように変えていくのか考えます。

2013年10月6日

閉講の挨拶

東京大学公開講座「変わる/変える」の閉講のご挨拶です。

2013年10月6日

開講の挨拶

統計 データ 分析 確率 社会

2013年4月27日