廣瀬 通孝 – 検索結果 –  2 アイテムが検索語に該当します

インタフェースとしてのロボット

サイバースペースとリアルスペースをシームレスに接続する技術の重要度が増加しつつあり、ネットワークロボット、リアルワールドアバタ、IRT、ミクスト・リアリティなど、新しいキーワードが導入されつつある。本講義では、意味の拡大が図られつつある新しいロボット像について解説する。

2006年10月28日

錯覚とVR技術

VR(バーチャルリアリティ)技術とは、デジタル技術を駆使して疑似的体験をつくり出す技術のことを指します。本講義では、これまで難しいとされてきた触力覚、嗅覚、味覚などを中心に新しい感覚の技術について語ります。

2011年9月10日